記事
<< 上品シックなレオパードネイル(お客様ネイル) | main | ハロウィンネイル2017 >>

天王寺動物園の動物たち(撮影実習)

JUGEMテーマ:日常

JUGEMテーマ:動物園

 

 

こんばんは!

 

せっかくの行楽シーズン、お天気が悪い日が続きますね。

 

自宅周辺では雨の中、今日も頑張って大音量の歌と共にだんじりが練り歩いていました。

 

 

レポートの時期がずれてしまいましたが、カメラ講習の撮影実習で行って撮影した天王寺動物園の動物たちを紹介します。

 

 

天王寺動物園なんて、いつ以来だったかなぁ。

 

 

残暑の厳しい午後、先生の『撮影のときは恥ずかしいと思ったらダメ』という教えのとおり、格子フェンスにへばりついたり、地べたに座り込んだりと、夢中になって撮影した動物たちです(笑)

 

 

 

まずは、だらんと脱力コアラ。

 

 

顔が見えない・・・

 

 

反対側から遠目だけど、なんか哀愁漂うお顔が。

 

 

何かをじっと見つめるレッサーパンダ。

 

 

目と口元がキュートなゴリラ。

 

 

水浴びするゾウ〜(笑)

 

 

飛び込む直前のペンギン。

 

 

お昼寝中のヤマネコ?

 

 

お昼寝中「ん?なによ」という目つきのヒョウ?

 

 

同じく「なによ」という目つきのリス。

 

 

お昼寝中のアザラシたち、サギの背中越しに。

手前の大きい方は、顔が水の中に沈んでいて、息継ぎのためか時だけ顔を上げてました。

 

 

お昼寝シリーズ最後はペンギン。立ったまま寝てま〜す。

 

 

ファンキーヘアな鶴(笑)

 

 

シンクロしている鶴

 

※格子フェンスなど、カメラをべったり引っ付ければボケてくれまずが、少しでも斜めになると映り込んでしまいます。

けど、光が差し込んだ感じで面白くもあるかなと。

 

 

カッコいいアングルのハゲタカ?

 

 

後ろのが羽を広げた!

 

 

かわいいこの子のいい瞬間がなかなか撮れなくて、ピント合ってません(+_+)

 

 

味のあるフクロウ

位置が高くてフェンスにへばりつけなかったのが残念。

 

 

天王寺動物園の主?謎のおじさんが「写真撮るならあんなんもあるで〜」と教えてくれた(笑)可愛いオブジェ。

 

 

岡山にはいい講習がないと、わざわざ大阪に受講しに来られていた講習仲間。

撮影に夢中で気づかないのでパシャリ(笑)

 

 

先生が「動物園だから動物を撮らなくてはダメということはありませんよ」と言っていたからこんな構図を狙ったようです。

※ブログ掲載の了解はもらってます。

 

フェンスに近寄ってしばらくじっとしているシカ。

 

 

このとき私の横にいた親子の会話

 

子供 「なんでじっとしてるん」

父親 「写真撮ってもらうためちゃう」

 

するとシカが離れていったので、

 

私  「シカさんいいの撮れた、ありがと〜」

子供 「ほんまや〜すご〜い」

 

一同 爆笑 

 

この日一番ほのぼのした瞬間でした♪

 

 

最後は、園から見えるハルカス。

晴天に鳥が二羽♪

 

 

なんでも真剣に始めるとそうだと思いますが、写真って、ほんと奥が深いですね!!

 

 

私はニコンの一眼レフを購入したので、ニコンが主催する講習に行きました。

 

 

今回一緒に講習を受けた方々は、年齢が20代から80代までの本当に幅の広いメンバーで、色んな刺激を受け、と〜っても有意義な講習でした♪

 

 

この講習で習ったこと、感じたこと、今後に活かせていけたらと思います。

 

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!!

 

 

☆☆成人式ネイルチップ早割受付、今月まで!!

 

 詳しくはこちら → https://atelier-gala.info/info/1665148

 

 

お問い合わせ、オーダーお待ちしております!

 

※ホームページはこちら → https://atelier-gala.info/

※お問い合わせはこちら → https://atelier-gala.info/contact(24時間受付)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 日々の出来事 | 22:12 | comments(0) | - |
Comment










11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--